サイバーエリアリサーチ株式会社

1.2.11 固定IPアドレスだとできること/VPN

VPN(Virtual Private Network:仮想プライベートネットワーク)とは

VPN(Virtual Private Network:仮想プライベートネットワーク)とは、インターネット上など、多人数が利用できるネットワーク網を利用しながら、暗号化などの技術を使って、プライベートネットワーク内での通信と同等の接続環境を実現する技術の事です。

機密情報や顧客の個人情報などの重要なデータを拠点間(本社と支社など)でやりとりする場合、従来は拠点間を専用回線(「専用線」と呼ばれます)で結んで通信を行っていました。多くの人が行き来するネットワークとは別に、専用の「通路」のようなものを結ぶという技術です。
IPアドレスはインターネット上の「住所」

インターネットを使ったVPN(インターネットVPN)は、インターネット網を経由して、2つのネットワークの間で仮想的なプライベートネットワークを構築することを指します。
インターネットVPNは、もともと存在するインターネット網を利用しているため、専用線に較べて費用が安く、導入が容易であるという利点があります。

インターネットVPN

インターネットVPNとIPアドレス

インターネット上では、通信先は必ずIPアドレスで指定されます。VPNで接続をする際もこの原則は変わりません。
割り当てられるのが固定IPアドレス(静的IPアドレス)であれば、通信先のIPアドレスは常に一定です。しかし、変動IPアドレス(動的IPアドレス)を割り当てられる場合、「今のIPアドレスは何か」を知らないと、接続することができません。例えば、自宅のコンピュータに外出先からアクセスする場合を考えてみましょう。自宅のコンピュータに変動IPアドレスが割り当てられている場合、割り当てIPアドレスが変わってしまうと外出先からアクセスできなくなってしまいます。

この問題はダイナミックDNSである程度カバーすることが可能です。ダイナミックDNSを使う場合は、通信先をIPアドレスではなく、FQDNで指定します。これによって、IPアドレスが変化した場合であっても、IPアドレスの変化に応じてダイナミックDNSの設定が更新され、接続したいコンピュータに接続することができるようになります。

まとめ

  • VPNとは、インターネットなどの公共網で、仮想的なプライベート接続を実現する技術。
  • VPNを利用する場合は、固定IPアドレスもしくはダイナミックDNSを利用する必要がある。

ページの先頭へ